この旅のテーマ

かなりよく聞かれるので、「この旅のテーマは何か」について書こうと思います。


旅のテーマ

旅に出る前、何度か「旅にテーマがあった方が良いんじゃない?」と言われることがあった。多分だけど、前に比べてバックパッカーとか世界一周する人が増えて、自分らしい旅とか他の人とは何か違った旅がしたいと考える人が増え、自分だけの旅をする人が多くなったんだと思う。

テーマを持って旅をする、とか、旅しながら稼ぐ、とかが何だか今の主流みたいになってる気がする。でも、なんか自分の旅の場合そういうことじゃないんだよなぁ〜と常に考えていた。

自分の場合、ハッキリ言って、今回の旅のテーマは

特にない。

しいて言うなれば「世界を見ること」。けど、旅をすること自体、世界を見ることだと思うのでこれを旅のテーマというのはおかしい気がする。だから、旅のテーマはない。

f:id:cosmo95:20180831181947j:plain

「世界を見ること」というのは、聞くとただどこかの国に行けば良いだけのような気がするけれど、意外とやって見ると難しい...。

例えば、どこかの国に観光に行き、バスなどで移動、ホテルに泊まり、観光地に言って、レストランで現地のご飯を食べる。これは、自分のいう世界を見るとはちょっと違う。この流れの中で関わる多くの人は、観光客に慣れた現地の方で、その他の人と関わったり、現地のディープな部分を知ったりするのは非常に難しいように思う。

バックパッカーといえど、似たようなことになりかねないことは多い。これを避けるためのキーとなるのが、現地の人と話をすることだと自分は思っている。

現在、旅をはじめて1ヶ月、5ヵ国目のタイにいる。

それぞれの国で現地の人と話すことによって、色々のことを知れた。

中国では、スマートフォンによって急激に変わる中国人の生活の様子を見たり、

チベットでは、僧侶と話してチベット仏教の考えを知り、チベット仏教におけるとグローバル化を見たり、鳥が人を食べるところをみて人生について考えさせられたり、

ベトナムでは、急激の発展中のアジアとしてベトナムからみた日本とはどういったものなのかを聞いたり、

タイのバンコクでは、アジアの国際都市ということで世界各地から来てる人と会って話して....。

f:id:cosmo95:20180831181940j:plain 中国は、スマホ一つあれば買い物も移動も簡単。スマホが生活にかなり深く根付いていた。これは手軽なレンタサイクル。個人の自転車は一つも見かけなかった。

f:id:cosmo95:20180831181950j:plain ベトナムで一緒に回ってくれたベトナム人の友達。 その時その国で見た方が良いと思ったものを見てる。実際に、すごくためになっていると思うし、テーマを定めてしまっていたら会えなかった人たちがいたかも知れない。柔軟に世界を見るためにも、テーマのない旅というのも悪くないと思っている。でもこれは、自分がまだ何をやりたいのかよくわかってないからであって、それが見つかっているならそれに突き進んだ方がもちろん良い。

様々なテーマ旅がある。

これまで、本当に極少数だけどテーマを持って世界を回る日本人旅人に会い、すごくかっこいいと思った。世界の宗教施設を巡る巡礼の旅をしている世界お遍路さん、浴衣を着て異文化交流の旅をして少数民族を巡る旅をしている夫婦、、、など。

彼らはすでに自分たちがすべきことを知っていた。もう見つけていた。旅の目的が明確だった。

f:id:cosmo95:20180831181943j:plain 一緒にチベットを巡った夫婦。日本では知ることのできない部分を実際に現地に赴き、話し、知り、それを伝えている。

自分もこうして旅をしながら、もっと深く潜り込めるものが見つかるかも知れない。楽しみだ。