インド初入国!!チェンナイに到着

ついにインド上陸

 

f:id:cosmo95:20180831181717j:plain

マレーシア→インド

クアラルンプールでは、現地の友達に本当にお世話になった。ご飯もご馳走になり、空港まで夜中に送ってもらい、手でご飯を食べたりケツを拭いたりする時の注意点やイスラム教のことなど教えてもらったり、本当に感謝仕切れない。。。

マレーシア・クアラルンプール国際空港に到着し、急いでチェックイン。

 

次は、

念願のインド!!!!!!!!!

 

もうなんというか違う世界に行くような興奮した状態で飛行機へ

マリンドエアは初めて使ったけれど、すごく快適だった。エアアジアより安いのに、モニターもUSB差込口もあり、機内食まで付いている。そして予定よりも一時間も早く到着!(もう少し寝かせて欲しかった...)

 

f:id:cosmo95:20180831181729j:plain

 

f:id:cosmo95:20180831181733j:plain インド上空

 

6時に空港についたにも関わらず、宿に着いたのはおよそ正午。インド最初の街は、南に位置する古くからある街チェンナイ(旧マドラス

2017年11月現在、ビザを事前に取らなくても入国していいよ〜、とインドが言っている国がある。

それが日本

日本は、インドからの信用が高く、ビザを事前に持っていなくても空港で簡単な手続き(アライバルビザ取得)をすれば入国可能になった。

空港職員もこの事実を周知していない場合があるので、若干厄介。そして、インドの大きな空港6箇所からの入国に限る、という制限つきなので注意!

アライバルビザ申請から、両替、ネット接続、宿までのバス探し、バス移動、下車から宿まで道に迷い...

準備不足もあって、初インドで全てにおいて時間がかかり、眠気で頭が回っていなかった。

数十キロ離れている空港から安宿街までをバスで15ルピー(22円とか)で行ったり、南インドの人が意外とむちゃくちゃいい人だったり、ということを知ったのでこれらに関して今後書いていきたい。

 

インドのイメージ

とにかく、誰しもがいう 汚い、ぼったくり、カオス、危険を今まで信じていたんだけど、

来てみたら意外と、

 

 

 

 

 

 

 

 

汚くないし、ぼったくられないし、カオスだけど色々しっかりするとこはしてるし、そんなことよりカレー安くてうめえええ!!!!

カレーはお代わりし放題!最高だ...。

f:id:cosmo95:20180831181753j:plain おかわり自由!

小学生のころからずっと憧れていた、

カレーを毎日食べれる世界。

この国はでか過ぎて地域によって言葉も宗教も民族も大きく違うらしく、それゆえ人柄が地域によってガラリと変わるらしい。南のインドは、比較的人柄がいいと聞いていたけれど、本当にそうらしい。

もちろん小さなカオスには少しすでに遭遇したけれど、予想をはるかに凌ぐ小ささ。たまにバグってる人がいる。

 

これまでの旅で、東チベットの後に東南アジアを回っていたけれど、東チベットの衝撃を超えるような冒険というかなんというか緊張するシーンとは一度も遭遇せず、スラスラと楽しい旅ができていた。そこでなんとなく、謎の違和感みたいなものが出てきて、

 

これは、旅...なのか...??

 

と。

本当にこれまであった人とのことは忘れないし、とても楽しかった。なのに、なにかが違った。

でもインドに来て、これだ!!!とすぐに思った。

たっぷりの異国間、旅感。なんというか、街の雰囲気がたまらない。ご飯も人との駆け引きも。

チェンナイの後は、

チェンナイ → ハイデラバード → コルカタ → バラナシ → デリー → アグラ → ジャイプル → ジャイサルメール

という形で行こうという予定。三週間くらいかな。全然決めてないけど、すごい楽しみ!

最後に、ほんのわずかながら到着日の写真を。

 

f:id:cosmo95:20180831181740j:plain

 

f:id:cosmo95:20180831181743j:plain

 

f:id:cosmo95:20180831181736j:plain

空港にはトイレの評価ボタンが

 

f:id:cosmo95:20180831181757j:plain 初めてのチャイ

 

 

f:id:cosmo95:20180831181800j:plain ビリヤニ85円(*ビリヤニ=カレーチャーハン的なもの!)

 

f:id:cosmo95:20180831181747j:plain 宿の前