世界一簡単なグラフィックデザイン|AutoDrawの使い方

f:id:cosmo95:20181128173259p:plain

 

 

グラフィックデザインというと、

有料のデザインソフトが必要で、それを扱うスキルも必要...

 

少し手が出しにくい感じがしますよね。

 

でも、今回紹介する「AutoDraw」を使えば、

どんな人でもカンタンにデザインをすることができます!

これを読めば絶対使い方わかるし、本当に誰でもできる!

 

ということで今回は「AutoDraw」を紹介します!

 

AutoDrawとは

AutoDraw(オートドロー)は、GoogleがやってるAIお絵かきサービス

 

と言われてもなんのことかわからないと思うので、とりあえず見てください。

 

例えば、「ライオン」のイラストを描きたいとします。

f:id:cosmo95:20181203111613p:plain

はい、描けました。ひどいですね。

これでは、「ライオン」なのか「テレタビーズの太陽」なのか、なんなのかわかりません。

 

これを、AIが「あぁ、コイツ、ライオン描きたいんだろうなぁ〜」

と解釈して、いくつもの提案をしてきます。

 

そして、上の絵から推測されたものの中から選んだものがコチラ。

 

f:id:cosmo95:20181203111621p:plain

 

Wow。クオリティが8億倍くらい上がりましたね。

 

 

コチラの動画で、もっと詳しいことについては紹介されています。

 

AutoDraw使ってみる

基本操作はカンタン。

 

① まずは、AutoDrawを開きます。

AutoDraw

 

f:id:cosmo95:20181203115246p:plain

 

② 左側のキラキラしたペンを選んで、なにか描きたいものを描いてみてください!

f:id:cosmo95:20181203115746p:plain

 

③ 描いた後、上部に提案される絵の中から一番適しているものを選ぶ。完成!

 

AutoDraw使い方

もう少し詳しい使い方を。

f:id:cosmo95:20181203120245p:plain

すごくシンプル。唯一の黒いアイコンは、図形やイラストを動かしたりするもの。

イラストなどを描いた後、色を変更したり、塗りつぶしたり、テキストを足したり、、

やれることは無限大。



f:id:cosmo95:20181203120921p:plain

Downloadからpngデータとして書き出すことができます。

Shortcutsでは、下のようなショートカットコマンド一覧を見れます。

f:id:cosmo95:20181203115541p:plain

Send back、Bring Front では、図形の重ね順を変えることができます。

 

最後に

これは便利。無料で簡単、誰でも使える。

シンプルながらに色々できるので、ぜひ色々組み合わせて作って、書き出してみてください。

 

読んでいただきありがとうございました!