PORT

adventure & creativity

アドレスホッパー × サラリーマンと語る ミニマリズムと多動力|旅するように働く

 

event report 

4月17日に、ゲストハウスにて開催したイベントのレポートです。

 

f:id:cosmo95:20190430175844p:plain

【旅するように働く】アドレスホッパー × サラリーマンと語るミニマリズムと多動力

 

 今回の会場は、浅草橋のゲストハウス Little Japan。
ここでのイベントは初めて。これから定期的にこの場所でイベントをしてみないか?と、ゲストハウスサミット主宰の柚木さんに声をかけていただき、今回のイベント開催に至りました。ありがとうございます!

 

 

イベント概要

 

開催日 4/17(水)19:30 - 22:00

参加者 20名【満員御礼!】 

https://www.facebook.com/events/2147811918620946/

 

今回の流れ

・受付
・乾杯 / アイスブレイク
・オリエンテーション
・アドレスホッパーズトーク
・懇親会

 

19:30に受付を開始し、19:45にイベント開始!

アドレスホッパー x サラリーマン と語る
ミニマリズムと多動力

今回は、満員御礼20名の参加で、会場がいっぱいに!
本当に、ありがとうございますm(_ _)m

 

乾杯と同時に、まずは硬い空気を壊すためにアイスブレイク(なにに興味を持ってきたか、名前や仕事などについて少し話す)の時間。今回は、かなり気さくな方が多いイメージで、もうすでに開始5分でめちゃくちゃ盛り上がった雰囲気! !

 

次は、オリエンテーションとして、今回の開催場所であるゲストハウスLittle Japan の説明や、ゲストスピーカーのイクヤさんと企画者兼ファシリテーターの自分の説明を。

 

 

今回は、自分もかなり当てはまるテーマだったので、普段より少しだけ長めに自己紹介させていただきました。さらに、今回はイクヤさんと自分がイベント企画後にたまたま同じTVの特集に同時に出るという奇跡的なことが起こったので、その動画を解説入りで流させていただきました!

 

 

そして今回のメイントークを、今回のゲストであるイクヤさんから。
約1時間半くらい。その後は懇親会!

 

アドレスホッパーのリアル

 

イクヤさんは、26歳の営業職サラリーマン。
家なし。体脂肪率5%以下。究極のミニマリスト。

まずは、なぜアドレスホッパーになったのか?について話していただき、そのままいろんな疑問に答えるかたちで進行。

 

 

「なぜアドレスホッパーになったんですか?」

「旅が好きで、社会人になってからも週末に旅に出たりしていました。そうして家を空けている間って勿体無いな、と思って家を持たない暮らしをはじめました。」

 

イクヤさんは、普段はゲストハウスやサウナなどで宿泊して暮らしていて、今も頻繁に週末は旅する生活をしているそうです。先週も、ヒッチハイクで長野へ行っていたそうで、いつでも海外旅行にも行けるようパスポートも持ち歩いているそう。

 

「荷物はどうしているの?」

「家はないので、会社のオフィスに荷物は置いています。でも、基本的にはこのバッグ1つだけで生活しています。」

 

そう言って、カバンを出していただきました。
「中身は、今日はちょっと会社のものなども入っているので多めですが...」
と言いながら、中身を見せてくれました。いや、全然入ってないじゃないですか!!笑

 

服は、ものすごく軽量なもので少量。本当に必要なものしか入っていませんでした。詳しくは、上の動画などでも公開しています!

 

バッグの中身を解説してくれるイクヤさん。


洗濯は?郵便物は?食事は?住民票は?

家のないアドレスホッパーというのは、一体どんな暮らしをしているのか?
疑問は絶えません。リアルな部分のぶっちゃけトークもしていただきました。

 

「アドレスホッパーをやってよかったことは?」

「1つの大きなメリットは、「ただいま」と言える場所が日本全国にできたこと」

 

これは、人の温かさのあるゲストハウスに泊まったことにある人は、わかると思います。たくさんの拠点を持てることは、僕自身も最もアドレスホッピングの良いところの1つだなと思います。

 

 

「街が大きな家」

 

 

生活のあらゆるものを、何かで代用したり、シェアする仕組みを使って暮らしているイクヤさんの世界観に迫っていきます。

 

イクヤさんがアドレスホッパーをはじめて、気づいたこと。

 

1つは「固定費は下げられる」ということ。

 

毎月、家賃や光熱費、移動費などの支払ってしまう仕方のない出費は、実は自分が仕方ないと思っているだけで、変えることができるのかもしれない。

 

思考を止めないこと。
受け身ではなくて、自分で考えることで選択肢は増える。

 

そして、もう1つ。

「街を大きな家として考える」ということ。

 

高い解像度で都市を観ること、を大事にしているイクヤさん。街を家として、見ているのだそう。実は、家にあるもののほとんどは世の中に溢れていて、モノを所有するのではなくて、シェアする。クローゼットは、クリーニング屋。本棚は、図書館。etc...

 

こうして、所有をやめてミニマルに生きることで、いろんなしがらみから解かれ、身軽になり、行動力になっていく。そんな新しい生き方を提示してくださりました。

 

そのあとは、懇親会。
ごはんを食べながら、みんなでアドレスホッピングや働き方や旅の話など、とても盛り上がりました!(写真を忘れてしまった。。)

興味はあるけれど実際にはじめるにはどうすれば良いのか?という疑問を持ってこられた方の課題解決や、こんな考え方を聞けて常識が変わった、これからの暮らしを見直したいという感想を聞けたのは、すごく良かったです。

 

最後に、今回参加してくださったみなさま、そしてイクヤさん、本当にありがとうございました!!

 

 イクヤさんのツイッター

 

【今後のイベント情報】

これからのイベント情報は、こちらのFacebookページで配信予定!

記事が少しでも気に入っていただけたら、
こちらからぜひ「いいね」をお願いいたします!