自分がメモをしやすい書き方が一番良いメモ術

 

f:id:cosmo95:20190101140754j:plain

 

もうすぐ年を越すので、部屋の大掃除をしていましたがメモも散乱していたので、ちゃんと整理せねばということでたくさんのメモを整理していました。

 

2019年は、自分のメモの取り方を変えようと思います。

そのため、今日は今後どうやってメモを取っていくか、考えてみました!

 

メモの取り方、見直し!

 

メモを整理すると、思考が整理されシンプルな考え方ができるようになるし、メモの取り方を工夫すればよりアイデアが浮かびやすくなったり思い出すことが容易になって色々と効率がよくなります。

 

最近では、メモ術についての本がいくつか出ていますよね。

例えばこれは、Showroomの前田さんの本。 

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)

 

僕はまだ読んでいませんが、めっちゃおすすめされます。

 

メモの使い方は良いけれど、メモの取り方に関しては自分で考えたものが結局一番良いんじゃないかな、と思っています。(もちろん誰かのノートの取り方がヒントになることもありますが)

今まで何度もいろんな先生からこうやってメモをとると良いよ!と教えてもらっても、結局実践しても慣れることができなかったり、効果が出ずにやめてしまっていました。

 

だから、自分が今までやってきたメモの取り方を観察しそれを改善するのが一番自分に馴染むんじゃないか?

そういう仮説を立てて、今回はメモの取り方を考えてみました。

 

 

メモについて解決したいことは何か?

 

まずは自分のメモの取り方に関して「どんな課題があるか」を考えてみましょう。

 

僕の場合は、

①人の話を聞いたときのメモなどがごちゃごちゃしてる

②アナログメモもデジタルメモもいくつもあって混乱する

③ただの備忘録になっていてアイデアが生まれにくい

 

でした。いくつもノートがあるのは最悪だし、人の話を聞いた時のノートが何かに生かされていないのは勿体無い。

 

それをどうやって解決していくか?

 

これらの課題を解決する方法を考えましょう。

 

①人の話を聞いたときのメモなどがごちゃごちゃしてる

まず、人の話を取った時のメモを見返してみます。

 

そして書いてある内容をカテゴリー分けしてみる。

僕の場合は、こんな感じにカテゴライズ。

・知らない単語

・知らない知識

・その人の考え方

 

なぜそれらをメモっているのか?

知らない単語はあとで調べるため。

知らない知識はそれを忘れず記憶に定着させるため。

その人の考え方は自分との相違点を考えるため。

 

知らない知識に関しては案外記憶に定着しているし、知らない単語が邪魔しなければ綺麗に並んでいる。人の考え方は1つのデジタルのノートに一覧みたいにして基本まとめていますし、あまり忘れることはありません。

 

となると、ここで問題なのは「知らない単語」ということが発覚しました。

なので、これに対しては、「サーチリスト」という調べもののためのノートをデジタルのメモで取ることにしました。

 

調べてないもの/調べ終わったもの

を数行開けて分けておいて、調べ終わったら下にずらしていくという感じ。

もし何かこれは今後に活かせるかも、というものに関しては☑️マークをつけるなどして目立つようにする。

 

②アナログメモもデジタルメモもいくつもあって混乱する

これも困るやつです。何かを思い出したい時に時間がかかりすぎてやってられません。とにかくアナログのノートだけでもまとめようということで、

まずは自分が普段アナログノートに何を書いているかジャンル分け。

 

そうして、これらのカテゴリーになんとか頑張って分けてみました。

目標系 どういうことをやっていきたいか
GH系 ゲストハウス&イノベ空間(アイデア&レビュー)
つながり系 空間とコミュニティ
クリエイティブ系 デザインとイノベーション
アウトプット系 本出版とイベント
発信系 ブログSNS発信
お金系 事業計画書 個人事業主 クラファン ビジネスモデル

 

これら7つを1つのノートにまとめようということで付箋を用意。

分量を考えて、少し集めのノートにジャンル分けのための付箋を貼っていきます。

そして目次みたいなものをつけたらOK!色がジャンルと合うようにするといいかもです。

 

デジタルノートに関しては、

Simple note

Google Keep

Evernote

を使っています。これらは優れものですが、

僕が一番使うのは、Simple note。

 

Simple noteは、メインメモ。

Google Keepは、日記用。

Evernoteは、何かしらずっととっておきたいメモの保管所。

 

という風に前から分けています。

 

③ただの備忘録になっていてアイデアが生まれにくい

 

アイデアは、意外なものの掛け合わせでできたりします。

そういうところから、とあるメンタリストが言っていたのが、ノートは他ジャンルもごちゃまぜにしてしまった方がいいよ!ということ。こうすることで、いろんなことが混ざりやすくなってアイデアが生まれやすくなるそうです。

 

つまり、②で1つのノートにするという点がぴったりなので、いい感じ。

 

 

ただの備忘録より、より良い備忘録にするにはどうすべきか?

最近はブログ発信していると、本当にアウトプットは大事だと感じます。

それと最近自分が取っているノートは白黒で文字ばっかり。見返す気が起きない。

 

これらを解決するために、

アナログノートの場合は、

図解多めマーカーなど色を使い、最後にそのページのまとめを作る。

デジタルのノートの場合は、
ブログの書き方を意識するとあとあと見直しするのと発信がラクになる!

 

出来上がったノートの取り方

 

アナログ

1冊のノートに全てまとめ、付箋でジャンル分け。

図解やマーカーを使いまくる。

最後にそのページのまとめを作る。

 

デジタル

サーチリストを作り、調べものはそこにまとめる。

少しだけ、ブログの書き方を意識する。

Simple noteメインで、これ以上は増やさない。

 

2019年はこんな感じでメモを取っていってみて、思考の整理をしてシンプルマインドを保ち行動していきたいと思います!

 

ありがとうございました!