動画で英語など語学を学ぶときに気をつけるべきこと

 

英語のリスニング力がひどすぎて、何度も何度も英語の子供向けアニメをみていたSEIYAです。

 

動画で学ぶ時に、「これ意味あるの?」って思ってしまうことが多々ありました。

なぜなら、わからないから。

早すぎたり、表現がわからなかったりして、全く聞き取れない。

 

そういうことが続いて、何度もやめてしまっていました。

 

今回は、動画での学習において、大事ないくつかのことについて書きたいと思います。

 

動画コンテンツの選び方

f:id:cosmo95:20181203201530j:plain

まずは、どれを見るか。

結構迷いますよね。以下の2点に注意するといいと思います。

 

  • 好きなジャンル・興味があるものを選ぶ
  • 訛りなどや表現に偏りがあるものは避ける

 

好きな作品だけを選んでも、表現が難しくて挫折してしまうかもしれません。

例えば、僕の場合は、ハリーポッター。

イギリス映画なので、もちろんイギリスの発音や表現が多々使われていて、それだけではなく、ファンタジー作品なので呪文などの固有名詞が多すぎて聞き取れなくて焦ります。笑 

 

なので、最初は表現が難しくない子ども向けアニメの中から、少しでも観たいと思うものを選ぶのがいいと思います。

 

好きな作品の視聴は、途中の関門として持っておくのがちょうどいいかも。

 

動画学習のメリットを活かそう

実際の会話ではできない部分を動画でやるべきだと考えます。

なので、動画のメリットを理解することがすごく大切。

1. スピードを変えられる

 早口すぎると、全然聞こえないけれど、それのスピードを下げて、意味を理解した後に聞くと、不思議と早口でも聞こえるようになります。一度解体してしまえば、中身は丸見えなので、スピードを下げて解体作業をすることはとても大切。

2. 巻き戻しができる

 会話で聞き返すことはできますが、言い直してくれたりするため、わからなかった文はわからなかったままになってしまう。そういう時に、動画だったら「今なっていったのかな」と思ったら、1タップで聞き直すことができる。

3. 多岐に渡る幅広いジャンル

 映画やドラマ、今や数えられないくらいの動画コンテンツがあり、その膨大な数の中から自分の好きなものを選び、観ているだけで、それが勉強に繋がっているというのは、素晴らしいですね。

 

気をつけるべき点

全てを理解する必要はない。

例えば、聞いたことがない表現が出てきたとします。

でも、それは普段よく使われているのかよくわからない。

ので、そこまで覚えようとしなくていいと思います。

 

とにかく最初はシンプルな文を!徹底的に!

 

一回理解した文を発音

ゆっくり再生したり、何度か再生して、言っている意味を理解。

それはすごく大切。でも、その後も大切!

それを今度は自分が言ってみる。発音する。

ゆっくり言ってみた後、今度は動画と同じスピードで発音。

それができるようになったら意味を意識して発音してみる。

 

1文に関しての対応は、順序立てるとこんな感じ。

 

1 動画を聞く

2 意味を理解する

3 普通速度で聞いて意味を理解できるかチェック

4 ゆっくり発音してみる

5 同じ速度で発音してみる

6 意味を意識しながら動画と同じ速度で発音

 

これはめちゃくちゃ時間がかかるけど、自分にはすごく効果がありました。やってる最中は、全然実感がないけれど、繰り返していると、友達と話している時にふと「あれ、今めちゃくちゃスムーズに話せてた」と思う時がくるはず!!

とにかく、必ず意味があることなので、やってみて実感してみてください!

 

 最後に

リスニングを寝る前とかにずっとやっていると、いつか必ず、「あれ、聞きやすぞ」という時がきます。時間はかかるけど、頑張ってみてください!

 

本当に苦労したのですごくわかります。

楽しみながらがんばっていきましょう!!